男性が乳液を使う時のポイント

バルクオムでできる男のスキンケアポイント

男性が乳液を使う時のポイント

洗顔して化粧水をたっぷり肌に含ませたら、次はいよいよ乳液です。
化粧水は潤い効果とお肌を柔らかくする効果があり、乳液は化粧水を含ませたお肌に蓋をしてあげるという効果があります。
化粧水だけだと、すぐに顔は乾燥してしまいますが、油分が含まれている乳液を塗ってあげることで保湿効果を得る事ができ、次に顔を洗うまでお肌をしっかり守ってくれます。
効果的に乳液を使う為には、化粧水同様気を付けなければならないポイントがいくつかあります。

まず、乳液を500円玉くらいの大きさで手の平に取ります。
そして、両手でその乳液を人肌程度に温めてから使用します。
冷たい乳液をそのままお肌に付けてしまうと、毛穴がキュッと閉まってしまい上手にお肌に浸透させることができません。
少し温めてお肌に付ける事によって乳液の浸透が良くなるので、乳液は手の平で馴染ませてから使うようにしましょう。
あとは頬・おでこ・あごに少しずつ乳液を乗せ、顔の内側から外側へ、下から上へ滑らすようにして優しく塗っていきます。
目じりや口元は乾燥しやすくしわができやすいので、少し多めに乳液を付けてあげた方が効果的でしょう。

乳液を塗るタイミングは、化粧水を付け終わって1~2分経った頃がベストです。
化粧水の直後は、まだ肌に化粧水が馴染まずに顔に水分がたっぷり付いている状態なので、蓋をする役割である乳液の性質が生かされません。
あくまでも、化粧水で整えた肌の上から塗ってあげる事で効果を発揮するものなので、タイミングを考えて塗り始めましょう。
乳液はべたつくのであまり好きではないという男性も多いのですが、乳液まで使ってこそ完璧なスキンケアができるので使用しましょう。

バルクオムでできる男のスキンケアポイント新着情報